英語圏の国に留学する - 英会話の情報サイト「英会話を身につけよう」

日本を飛び出す

英会話を身につけるには、常に英会話がある環境に身を置くことが一番です。私たち日本人が日本語がある環境に生まれ育った過程で、自然と日本語を覚えていったことを考えれば容易に想像がつくと思います。
しかし日本に居ながらにしてそのような環境を求めるのはなかなか難しいというのが現実です。近年では企業が車内の公用語を英語とする、というような動きも少なからず聞きますが、まだまだ少数派です。

ではどうすれば英会話が日常にある環境に身を置くことができるのでしょうか。それは日本を飛び出して、英語が公用語になっている環境に移り住むことです。
移り住むといっても永住するということではありません。もちろんそれもいいのですが、それができる人ばかりでもないでしょう。永住が無理でも、一定期間の留学という方法があります。
例えば一年間アメリカやイギリスなどに留学すると、その間は穎川があふれた環境に身を置くことができます。一年もそういった環境に身を置けば、多くの人は英会話をマスターできるはずです。

費用が高くなるが効果的

留学は英会話をマスターするうえで効果的な方法ですが、デメリットもあります。それは費用が高くなるということです。現地における生活費や、学校に通う費用などはもちろんですが、現地に向かうまでの飛行機代や帰国時にかかる往復の旅費は数十万円単位になることが予想されます。
また仕事やアルバイトをしながら現地の学校に通えるならばまだいいのですが、言葉がわからない段階ではなかなかそこまで手が回らない可能性もあります。収入が少なく支出が多くなるという状態が考えられるのです。

それでも留学という方法は、英会話をマスターするうえで最も効率的な方法だと思います。日本で学校に通いながら勉強しても、日常の生活ではやはり日本語が主になるわけです。
それが海外に行くと生活のすべての場面で英会話を使用しなければなりません。それはある意味厳しい環境ですが、厳しい環境だからこそ上達も早くなるのではないかと思います。
費用がかかるのは痛いところですが、英会話の本場でマスターした英会話は一生モノの価値があります。そして厳しい環境で生活をしていくことで、人間的な成長をも期待できるのです。