英会話スクールに通う - 英会話の情報サイト「英会話を身につけよう」

最も一般的な方法

日本における英会話勉強法の中で、現在最も知られているのは英会話スクールの類です。お金を払って学校というか塾のようなところに通い、そこで英会話を習うというものです。
英会話というのはただ教科書や参考書のようなものを読んだり、ノートに書いたりするだけでは上達しません。つまり自宅で中学や高校の教科書を引っぱり出してきて勉強するだけでは英会話を身につけることは難しいと思います。

英会話を身につけるには英語を聞いて話す。これが大切ですが、日常の中にはそんな機会はほとんどないわけですから、別の機会を設けて英会話に触れるようにする必要があります。そのための手っ取り早い方法が、英会話スクールです。
英会話スクールの講師は外国人である場合が多いようです。実際に英会話を小さい時から普通に話してきた人たちですから、本物の英会話に触れることができるわけです。
もちろん日本語も話せなければ教えることができないしょうから、英会話側からい段階では意思の疎通に困るのではないかと心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、その辺はあまり心配いらないと思います。

個別指導が主流のスクール

スクールでの講義は、数人程度の少数の生徒で行うことが多いようです。あまり人数が多いと一人に対する指導が簡素化されてしまいがちになりますので、少数で行うことでお互いの顔がよく見え、コミュニケーションが取りやすくなるのです。
英会話はコミュニケーションの中で上達していくものですから、大人数では効果が上がりません。そのためマンツーマン指導を基本にしているスクールもあるくらいです。

マンツーマン指導といえば家庭教師に英会話を習うという方法もあります。スクールのように教室に通うわけではなく、自宅でも受けられますし、近くのカフェなどで話をしながら上達を目指すというスタイルです。
基本的にはスクールと大きな違いはないと思いますが、自分の空き時間を利用して指導してもらえるなど、時間の融通がききやすくなりますし、講師役の方とも親密な関係を築きやすくなるという利点があります。
どちらも有料が基本ですが、確実に上達が見込めるという点では効率の良い勉強法です。