英会話がなぜ必要か - 英会話の情報サイト「英会話を身につけよう」

英会話が必要な理由を知る

英会話を身につける必要があるといわれてもいまいちピンとこない人も多いのではないでしょうか。実際には日本に住んでいると日本語だけで必要十分だからです。英語が全く分からなくても仕事も買い物も問題なくできるはずです。そんな環境にいれば誰でも必要以上の努力と時間を割いて英語を身につけるモチベーションなど高まらないはすです。
日本は資源に恵まれているわけでもなく、その多くは外国からの輸入に頼っています。食物に関しても日本の自給率など数割程度のもので、大半を輸入によって賄っているのです。つまり日本ほど諸外国からの助けを借りて成り立っている国はないのです。

それにもかかわらず日本語だけで生活できると勘違いしてしまっているのではないでしょうか。外国からの輸入を成立させているのは英会話があってこそだと思います。国際的なビジネスの場では英会話が必須だからです。つまり英会話なしでは日本という国は成り立たないわけですから、英会話を身につけるということは非常に重要な問題なのです。

時代の変化

最近はこういった話をよく聞きます。例えば自動車関連企業が多い愛知県内では、国内の自動車市場の冷え込みによって業績が悪化して廃業も検討している中小企業が多いという話です。世界有数の技術や特許などを持っているにもかかわらず、仕事がないという状況がこれから先も続いていけばやむを得ない話でしょう。
しかし、そういった状況を考えて先手を打って出る企業も増えているといいます。日本で成長が見込めないのであれば世界に出て今ある技術を生かして販路を見出そうという考える企業が多いのです。

これらの動きは一言でいえば時代の変化ということに尽きると思います。高度経済成長期は人口も増えていく中で、経済も発展していき、消費も旺盛になっていました。その流れのまま日本という国が発展し続けていくのであれば問題ないのですが、やはり限界があります。
その限界がバブル崩壊とともに見えてきたということでしょう。人口も消費意欲も縮小していく一方の日本は明らかに時代の転換期を迎えたのです。
そしてその転換期を迎えた日本において、世界を見据えて英会話を身につけることが時代の変化に対応して生き残って行くために必要なのです。