国際社会に対応する - 英会話の情報サイト「英会話を身につけよう」

街を歩いていると

私は仙台に住んでいますが、街を歩いていて最近感じることがあります。それは外国人とすれ違うことが多くなったいうことです。
仙台は大都市ですし、国際的な面を持っていますので、当たり前といえば当たり前ですが、田舎育ちの私にはちょっとしたカルチャーショックでもあります。なにしろ外国人なんてほとんど見たことがなかったからです。それが職場にも外国人がいたり、コンビニ行くと店員さんが中国人だったりということが本当によくあります。
こうしたことがあるたびに日本はやはりこれからどんどん国際化が進んでいくのだなと感じます。もちろん今までも国際化という流れはあったと思いますが、日常の生活レベルにも日本人以外の人が身近にいることが当たり前になってきているのです。

東京などに行くと外国人とすれ違うということもむしろ当たり前なくらい普通になっている感があります。聞いた話ですが、東京で小学校などにも外国人の子供やハーフの子供が何人かはいるという話を聞いたことがあります。
どこの学校でも同じというわけではないかもしれませんが、国際結婚というものも確実に増えてきているのは確かなようです。それに伴って子供たちの中にも日本人夫婦以外の子供が多くなってきているのです。

英会話で世界が広がる

こうした流れにある日本において英会話を身につけることで、より自分の世界を広げていくことができます。狭い日本という国の狭い価値観だけを身につける生活は少々堅苦しいものがありますし、違った世界観にふれることが新たな世界観を構築するきっかけにもなりえるのです。

そのためには英会話を身につけることが近道です。英会話を身につけることで自由に交流できる範囲が格段に広くなりますし、国際化社会という流れにもしっかりと乗ることができるからです。
生活面だけではなく、ビジネスの面においても国際的な活躍が求められる時代ですから、英会話を身につけることでその活動範囲が大きく広がって行くことが期待できます。ぜひ英会話を積極的に身につけて自分の世界と可能性を広げていただきたいと思います。
そして国際化社会をリードしていく次の人材を育成していくような人になっていただきたいと思います。